生鮭のきのこあんかけ

サケは消化・吸収の良い良質なタンパク質に富み、油分はEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心の食材です。アスタキサンチンも豊富で、体の中で有害な活性酸素を除去する働き、抗酸化作用があります。
血中のコレステロールを抑えて動脈硬化や血栓、高血圧を予防したり、脳の細胞を活性化させててボケを予防する効果も指摘されています。

旬の生サケと豆腐に好みの下味をつけて調理してください。

鮭     4切れ
酒     大2
醤油    大2
えのきだけ 1袋
しめじ   1パック
ピーマン  2個
豆腐    1丁
小麦粉   大2
片栗粉   大2(同量の水で溶いておく)
すりおろし生姜 大1

鮭は3等分し、酒と醤油に20分つけておく
ピーマンは細切りにし、えのきとしめじは石づきを落しておく。
豆腐は水切りをしておく

鮭と豆腐は水けを取ってに小麦粉をまぶし、多めに油をひいたフライパンで
揚げ焼きにする。
鍋に調味料を入れて火にかけ、キノコピーマンを加えてさっと煮てカタクリでとろみをつける。

お皿に鮭と豆腐を盛り付け、あんをかけて出来上がり。

関連記事