桜エビとチンゲン菜の酢辛子和え

桜エビの旬は(3-6月)カルシウム・銅・ビタミンB12を多く含み、丸ごと食べられるので、手軽にたくさんのカルシウムを摂ることができます。
チンゲン菜はビタミンA、ビタミンC、β-カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分を多く含み、アクが無く煮崩れないため、炒め物やスープにもよく用いられます。

桜エビ    10g
チンゲン菜  150g
醤油     大2
酢      大2
辛子     小1

チンゲン菜はさっとゆでて3cm幅に切る。
合わせ調味料と桜エビと一緒にあえて出来上がり。

関連記事