マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


子供の成長期を支えてくれ
15年活躍した洗濯機が寿命
買替えのため息子と電気店へ

 真夏を思わせるような暑い日が続いていました。今年の梅雨は、どうなるのかなと心配なこの頃です。カビとの戦いが始まるな。洗濯物は部屋干しの多い我が家です。湿気対策をしっかりしないと駄目ですね。隙間を無くしてしまったので、猫が家具と壁との間に嵌まって出られなくなり、天気の良い日に風を通すために家具を動かそうと思っています。
 さて、最近、気付いたのですが、連日動かさない時のない洗濯機ですが、もう15年も使用していたのです。回転が不規則になったみたいで、多めに入れると汚れが落ちていないのです。月1回、槽洗浄剤を使い、ゴミ取りネットの手入れもしっかりして大切に使ってきました。それでも、寿命は来てしまったのです。淋しい気がします。
 15年と言えば、長男が小学6年生、次男が小学2年生です。息子達の成長期を支えてくれたのです。思い出したのですが、一度、洗濯切り替えのスウィッチが壊れた時がありました。購入してから6年か7年経った時くらいだったでしょうか、洗濯物の量が最高に多い時期でしたから、その時も買い替え時なのかなと覚悟したのです。が、健在だった主人がどう直したのかホームセンターで購入した部品で、予備スウィッチを作って使えるように改造してくれたのです。
 それから、さらに8年間使用出来たのですから、器用な人間だったんだなと懐かしく感じます。家具の地震対策とか、他にも色々器用さを発揮してくれました。家のあちこちに生きた証があるんだなと今回の件で気付かされました。
 そんな訳で、息子と2人で電気店へ行きました。その前に、置く場所のサイズを計測したり、搬入の際、廊下から洗濯室へのアプローチも大切なので細かく調べました。今、流行のドラム式は無理でした。それでも、洗濯機の進化に驚かされました。今回のポイントはゴミ取り機能と自動槽洗浄機能。素晴しい。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2018年6月号掲載)
【つづく】