ママたちの声を集めて作った「子育てにやさしい住まい」とは

設備面の配慮やコミュニケーションを育む住まい

ミキハウス子育て総研株式会社(代表取締役社長・藤田洋氏)が、全国18000人のママ・パパの声を集めて、「子育てにやさしい住まいと環境の基準」を作成し、物件評価をスタートさせました。基準は分譲マンション用で100項目あり、そのうち60項目以上の条件を満たした物件に対して、子育てにやさしい住まいとして認定証を発行しています。

いまどきのママたちにとって子育てにやさしい住まいとはどのようなものでしょうか。基準項目の内容をいくつかを紹介します。

(第1カテゴリー 住居部分)
〇子どもが遊んでも気にならないよう床や壁の防音性能がすぐれている

0702_01 子どもはなかなか大人のいうことを聞いてくれません。夜泣きがおさまらなかったり、ドタンバタン飛びはねたり、そのたびに子どものことをしかりつつ、お隣り近所への騒音を心配したりと、ママは気が休まりません。

たしかに、しかることもときには必要ですが、子どもに自我が芽生えている段階とか、その時期、誰でもある程度、仕方がないことも多く、本当は、お隣り近所などは気にせず、ママのペースでじっくり子どもを見守ってあげたいもの。

その意味でマンションの防音性能は、標準以上のものがほしくなります。床は上階からの軽量衝撃音に対する遮音性能がLL-40、上階からの重量衝撃音に対する遮音性能LH-45以上。壁は戸境壁に対する遮音性能D-50以上の性能を期待できる仕様がほしいものです。

また、集合住宅の生活ですから、日常的に上下階や隣接住戸の方々と人間関係を築いておけば、「今夜は太郎君、ご機嫌が悪いみたいね」と騒音トラブルにはならずにすんでしまうといったことも、生活の知恵の一つでしょう。

(第2カテゴリー 共用部・管理体制)
〇子どもの泥汚れ等を落とせる共用スペースがある

0702_02 遊び盛りの子どもたちは、外から帰ってくると全身どろどろ。家までそれを持ち帰られたら大変です。季節のいいときには、バーベキューや魚釣り、家族で外へお出かけする楽しみも増えてきます。でもたいていアウトドアのレジャーでは、くつに泥や砂がつくのは仕方のないこと。家に持ち帰って洗面所で落としたりするとそのうち配管パイプが詰まったりなんてことも。

(第2カテゴリー 共用部・管理体制)
〇オムツの処理に便利なように毎日ゴミが出せる

1日に何度も何度も取り替える紙オムツ。洗濯の手間がなく、簡単・便利なのはいいのですが、使用後の紙オムツは結構かさばるし、わが子のものとはいえ、ニオイも気になるところ。

ミキハウス子育て総研が調査した使用済みの紙オムツの処理方法では、ふた付きのゴミ箱やバケツで何とかニオイをしのいでおられるご家庭が多いようですが、専用の紙オムツ処理器を使っているご家庭は1割しかありません。中には外出先でも捨てられず半数の方が自宅に持ち帰り、ゴミ出しの日を待っているようです。快適に過ごすためにも毎日ゴミ出しができると助かりますよね。

生ゴミについても同様で、生ゴミ処理機やディスポーザーなどが標準装備された住まいであれば、ママはもちろん家族全員、快適に過ごすことができるのです。

※「子育てにやさしい住まい」(藤田洋著、(株)週刊住宅新聞社発行、定価1575円税込)より一部抜粋


子育てにやさしい住まい 子育てにやさしい住まい
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-09