単棟型階段室タイプ(32戸)の第1回大規模修繕工事

グリーンプラザつくば並木・建物全景 
グリーンプラザつくば並木

(茨城県・つくば市)

【立地環境】

つくばエキスプレスの開業で便利になったつくば市の中心部では、民間の単棟市街地型で比較的大型のマンション建設が盛んになってきました。それまでは、公団階段室タイプの団地型マンションが大勢を占めていました。「グリープラザつくば並木」もそのようなマンションですが、1棟で全32戸の小規模マンションです。敷地南側は専用テラス・庭に面して遊歩道が有り、その先はショッピングセンターの駐車場となっており、広く開けた明るい環境となっています。北側のマンション駐車場の先は隣地で、公務員宿舎の駐車場、さらに西側のアプローチは広い道路に面しており、建物廻りは全体に広く開けた感じを受けます。

【建物概要】

単棟型階段室タイプ、鉄筋コンクリート壁構造・4階建、8戸×4階段合計32戸、付属棟として管理・集会室棟、受水槽・ポンプ室棟の2棟。3・4LDKの典型的ファミリータイプ。最上階の4階住戸にロフトを備え、平らな屋上からロフトの丸屋根が建物の外観にアクセントを付けています。南面・両妻面のバルコニーは広めで凹凸があり、その変化が建物全体の陰影を作っています。築後11年でしたが、ヒビ割れや汚れなどが目立ち、修繕工事が待たれました。工事の際には同時に公団の10年瑕疵補修も実施する事となりました。

屋根
屋上・屋根
Koji0611_02南側バルコニー

【工事概要】

総合的修繕工事として、外壁等のコンクリート躯体修繕及び塗装塗替、バルコニー床・出窓屋根・庇・笠木等の防水、鉄部等金物塗装塗替、集合郵便受取替、西側庭園灯の移設・増設などの他、各部の補修改修工事を実施。工事着工は平成18年2月中旬、工事期間中は比較的雨が多く、天候の影響で約1ヵ月程の遅れとなり、7月中旬に竣工引き渡しとなりました。

  1. 外壁等
    調査時点で懸念されたヒビ割れの多くは表面塗材までで、躯体コンクリートからのヒビ割れは比較的少なく、又、発錆鉄筋によるコンクリートの破損(爆裂)箇所も同様に予想よりかなり少ない結果となりました。外壁仕上塗装はこれまでより耐候性と弾力性の高いシリコン系の複層塗材を使用。
    Koji0611_05
    全面にシートが掛けられた
  2. 防水関係
    屋上アスファルト防水とシングル葺屋根については漏水も無く、特に問題はありませんでしたので、部分的な補修と保護塗装にて済ましております。バルコニーについては床面を防水・意匠性の高い塩ビ製床シート貼りとし、排水溝や笠木・巾木はウレタン塗膜防水を施しております。その他、花台内部や庇・パラペット天端等の要所にはウレタン塗膜防水を施しております。
    バルコニー
    バルコニーの床シート・花台の防水
    玄関庇上
    玄関庇上の防水
  3. その他
    竪樋や鉄部の塗装、バルコニーなどのアルミ手摺の研磨清掃を行いました。1階エントランスの天井照明器具と集合郵便受は取替、北面出窓アルミサッシ下枠水切板の補修、敷地西側の庭園灯の追加などを行いました。従来よりマンション内で懸案となっておりました、公団の瑕疵補修については、公団基準に基づくヒビ割れ等の補修、屋上と1階床面の打継目地の設置、レンジフード給排気口の導風板設置が行われました。
    集合郵便受けと掲示板
    取り替えた集合郵便受けと掲示板

【工事結果と今後】

今回の工事では大きなトラブルや事故もなく、順調に終了する事が出来ました。特に外壁のヒビ割れなどが思いの外少なかった一方で、出窓アルミサッシの水切りの腐食が見つかるなどの想定外の状況も見られた。当初予定していた階段床の専用シート貼りは、現場の状況と予算的な配慮から中止となりました。このような部分では心残りとなっていますが、全体としては順調で、高品質なものができたものと思います。次回大規模修繕が想定される12年後程度までは十分に維持出来るものと考えられます。

(有)柴田建築設計事務所

<アメニティ新聞290号 2006年11月掲載>