テラスハウスの外壁改修

みつわ台2丁目47住宅
(千葉県・若葉区)

みつわ台2丁目2丁目47住宅管理組合(千葉県若葉区みつわ台2丁目、昭和52年旧住都公団分譲、総戸数100戸、テラスハウス)は、平成12年8月21日から12月21日までの工期で第2回目の大規模修繕工事を実施中。

設計・管理:(株)協和建設設計事務所
施工:JS日本総合住生活(株)
工事範囲:住戸棟及び管理集会所、屋外施設等

各戸に専用庭があるため工事中の選択物干し場等は準備しなかった

主な工事内容は、

  1. 外壁下地補修工事
    (鉄筋露出・コンクリート欠損箇所等エポキシ樹脂モルタルにて修理、モルタル浮き部分はエポキシ樹脂注入工法にて補修、幅0.3mm以上のひび割れはエポキシ樹脂にて自動式低圧樹脂注入、幅0.3mm未満のひび割れはポリマーセメントペーストにて補修など)
  2. シーリング工事
    (開口部廻り等のリーシングの打替え)
  3. 塗装工事
    (一般外壁及びゴミ置場=多重架橋形水系エポキシ下地調整材の上殺藻剤添加形低汚染二液アクリルシリコン樹脂2回塗り。
    窓面台・庇上端・笠木・庇見付・メーターBOX笠木=可とう形水系エポキシプライマーサーフェサーの上低汚染形二液水系アクリルシリコン樹脂2回塗り。
    玄関揚げ裏・庇揚げ裏・集会場=厚膜形アクリル樹脂系エマルション塗料塗り。
    ルーフドレイン・フロアードレイン=タールエポキシ樹脂塗り)

屋根防水については、施工後10年未満(保証期間内)のため、部分補修にとどめた。手すり等の鉄部塗装については、施工後まだ日が浅いので除外した。

同住宅は全戸テラスハウスで、各戸に専用庭がついているため、工事中の洗濯物等は足場の外に干せるので、中層団地のように洗濯物干し場を特別に準備しなかった。

築後23年経過のため設備改善にも注力

設備改修等の工事としては、

  1. 樋支持金物をステンレスに交換
  2. 3DKタイプのメーターBOX扉及び物置扉をアルミフレッシュ扉に交換
  3. 既存ルーフドレインストレーナー部にステンレス金鋼を取付け
  4. 集会所作業員出入り口扉上の照明器具を防雨型20Wに交換
  5. 3LDK・4DKタイプ住戸の台所換気扉フードカバーをステンレス製に交換
  6. 集会所の誕生仕上げ材を撤去し、セメントフィラーを金ゴテにて下地処理して、ビニールクロス張りに改修
  7. 集会所出入り口スチールサッシュを枠とも撤去し、カラーアルミサッシに改修
  8. 団地敷地内の階段及びスロープ部分に安全手すりを設置

等々。

工事にあたっては、理事会と建築専門委員会とで2年前から準備した。工事広報等は、お知らせを各戸に配付し、説明会を着工前に開催。工程等については掲示板を利用した。テラスハウスなので工事費は、中層団地に比し単価割高となるが、全額修繕費積立金でまかなうことにした。

同住宅では、住戸タイプが3DKから4DKまで3タイプあり、修繕積立金は一律同額徴収し、工事の都度タイプ別に差額調整している。

工期は未だ半ばであるが、現場事務所では「2回目の大規模修繕工事でもあり、工事のことをよくわかっている人が多いので、協力的でやりやすい」とのことだった。

[みつわ台2-47住宅の概要]

■所在地

千葉市若葉区みつわ台2丁目47
昭和52年旧住都公団分譲

■総戸数

100戸
2階建3~6連棟のテラスハウス
3DK(63m2) 60戸、3LDK(80m2) 31戸、4DK(87m2)9戸の3住戸タイプ

■管理形態

委託管理
管理費 3,500円(月額)
修繕積立金 10,000円

■駐車場

84台
駐車料金 1台目4,000円(月額) 2台目5,000円

タウンライナー(千葉モノレール)が利用でき、周辺にはまだ緑が多い住宅団地の一角にある。

アメニティ新聞218号 2000年11月掲載>

集合住宅管理新聞アメニティに掲載したその他マンション関連記事は「マンション・メンテのホームページ」にて公開中です。