マンション改良工事助成制度の募集を開始/東京都

 東京都は、「マンション改良工事助成制度」の募集を開始した。
 
 同制度は、分譲マンションの適正な維持管理の促進を目的に、建物の共用部分の外壁塗装や屋上防水、バリアフリー化などを、(独)住宅金融支援機構の「マンション共用部分リフォーム融資」を受けて、計画的に改良・修繕する管理組合に対し、都が助成(利子補給)を実施するもの。
 
 昨年度より、利子補給期間の上限を7年間から10年間に延長し、都の助成を受けた耐震改修工事についても、利子補給を受けられるようになった。
 
 受付期間は、2019年5月13日(月曜日)から2020年2月28日(金曜日)まで。ただし、申込戸数が募集戸数(5,000戸)に達したときは、申込みが締め切られる(土、日、祝日を除く)。
 
 その他詳細は、都の「マンションポータルサイト」を参照。